失敗しない静岡市美容整形ガイド » 「輪郭・小顔整形」の治療方法をリサーチ!&静岡でおすすめのクリニック » エラをなんとかしたい

エラをなんとかしたい

エラが張る原因

骨格

エラ張りは、生まれつきの骨格によるところが多いとされております。顔の輪郭の形は縦、横の長さ、顎の形などによってバランスが異なりますので、丸顔、卵型、面長、四角、ホームベース型、三角などさまざまです。

咬筋の発達

人の顔の筋肉である咬筋は、食べ物を噛んだり歯を食いしばるような時に使っている筋肉で、誰もが持っている筋肉です。また、ある程度発達していなければ固いものを食べられない、しっかり歯を食いしばれないなどの問題が出てしまいます。しかし、発達し過ぎてしまっては、エラ張りの原因にもなります。例えば、元の骨格、つまり顎の骨が少し四角張っているという程度の方でも、その上に筋肉が発達することで、より顎の角が目立ってしまうのです。顔の場合、ミリ単位でも目立ちますので、少しの違いが大きく印象を変えてしまいます。

咬筋は、固いものを好んで食べることの他にも、歯を食いしばることや歯ぎしりなどによっても発達してしまいます。ストレスなどによって、無意識に歯を食いしばったり、寝ている時に歯ぎしりをすることがあります。

脂肪、むくみ

脂肪が顔につくことで、輪郭もはっきりと見えなくなるため、やはり全体的に大きく見えてしまいます。本来の骨格の上に、余計なものを蓄えないようにするというのがポイントです。

リンパ

リンパとは、血液と同じ成分の液体であり、主に老廃物を排出する役割があります。リンパが滞(とどこお)ることで、美容や健康にも影響が出てしまいます。血液の循環とともに、リンパの循環もスムーズにしておきたいものです。リンパにはところどころ有害物質を食い止める「リンパ節」があります。このリンパ節が顔には多数存在しています。顎や耳の後ろなど、いわゆるエラ周辺に集中しているため、リンパの流れが滞ってしまうとエラも目立ってしまいます。

輪郭・エラ整形にはどんなものがある?

ホームベースのような輪郭が気になってしまうエラ…。小顔が理想の人には悩ましい部位です。美容クリニックでは、このエラに対して行う主な治療には3つあります。

  • ボトックス注射
  • 顔への脂肪溶解注射(ボトックス注射と併用)
  • エラ削り

ボトックス注射による、エラの整形とは?

ボトックス注射には、筋肉を緩める作用があります。これをエラに打つことで、エラがどんどん小さくなり、小顔になるのです。注射を打つだけなので、ダウンタイムも少なく、手軽にできるプチ整形として人気の治療です。

ただし、効果は2週間後くらいからで、即効性がないことに気を付けてください。また、ボトックスは永久的に効果が持続するわけではありません。長くても12か月くらいで、元に戻ると言われています。とはいえ、一度萎縮させた咬筋を再び元の状態に戻すというのは困難です。注射後6ヶ月〜12ヶ月程度経過した状態を見て、気になる方は再度注射をすることで、咬筋の発達は抑えられるといわれています。ある程度時間をかけて、小顔効果やエラ張りにも効果を発揮していきます。

咬筋を萎縮させてしまって、噛む力がなくなったり、口元が緩むなどということがないかと心配の声を聞きますが、大丈夫です。他の筋肉で代用できますので、日常生活に支障が出るようなことはありません。

脂肪溶解注射による、エラの整形とは?

エラ張りの原因が、咬筋の発達に加えて顔の脂肪やむくみが原因である場合、顔への脂肪溶解注射(主に使用される薬剤はBNLS)と組み合わせることでさらに効果を発揮する場合もあります。顔への脂肪溶解注射で顎周りの脂肪を溶かして排出したうえで、ボトックス注射によって咬筋を萎縮させることで、よりシャープな顎のラインを作ることが可能です。

薬剤の種類や注入する量などはクリニックによっても異なりますが、平均すると1 回の注入量は30cc〜40cc程度であるようです。1度の施術で気になる箇所にバランスを見ながら注入していきます。脂肪の量が多ければ、当然薬剤の量も増えますので、事前のカウンセリングの時に聞いておきましょう。

注射によるエラ整形のメリット

ボトックス注射や脂肪溶解注射などは、メスを使用せず、直接薬剤を気になる部分に注射しますので、施術中はもちろん、施術後も痛みや腫れ、内出血などの症状がほとんど出ることはありません。施術後は赤みや内出血などの症状が出る方もいますが、メイクができますので、隠すことができます。そのため、日常生活に戻るまでの時間であるダウンタイムも、ほとんど必要ありません。

脂肪溶解注射に関しては、従来の薬剤では腫れる成分が含まれているものがありました。ですから従来の脂肪溶解注射では、顔に注射するとおたふく風邪のような腫れが数日から1週間、場合によっては1ヶ月も引かないということもあり、敬遠されてきました。しかし近年、腫れないうえに、効果に関しても十分期待できるという薬剤が開発されたことで、顔への注射が可能になり、注目されています。

エラを削る外科手術とは?

一方、エラ削りは外科手術です。口の中からエラの骨と余分な筋肉を削り落とします。エラを削るので効果は半永久的、しかも傷口は口の中にあるため目立ちません。

しかし、全身麻酔が必要な手術になりますし、数週間のダウンタイムは必須です。また、技術不足の医者に当たってしまうと、不自然な段差ができたり、神経が傷ついたりなど、取り返しのつかないリスクも多いので、細心の注意が必要です。

もし小顔整形でエラが気になるのであれば、まずは手軽にできて、リスクも少ないボトックス注射がおすすめです。

実際にどんな手術なのか

下顎角形成術といわれる手術が一般的です。エラの骨を削り、骨を切除します。 エラが張っている原因が骨格である場合には、脂肪吸引やボトックス注射では根本的に骨格を変える事は出来ません。大がかりではありますが、やはり現在の状態に応じて、希望する顔の輪郭になるよう骨を削流、切除するなどの手術をする必要があります。

全身麻酔による手術を行います

形成術というと、顔にメスを入れるというイメージがありますが、状態にもよりますが、口の中から数センチ切開します。そのうえで、エラの骨が張っている部分を削ったり、切り取る事で顎の輪郭を整えていきます。皮膚の表面をメスで切開する方法もあります。

口の中を切開する手術の場合、顔の表面には傷痕が残るというようなことはありません。外側から切開した場合にも、傷痕はそれほど目立たなくなります。 入院は不要です。通院は手術後、消毒、抜糸などに至るまで、定期的に通院が必要です。

手術後にはテープなどで固定をします

腫れや内出血などの症状も出ますが、医師の指示に従って安静に、傷口を清潔に保つように過ごします。およそ10日から2週間程度で、通常の生活が送れるようになるでしょう。腫れやむくみを最小限に抑えるためにも、フェイスバンドでの圧迫固定は必須になります。

また、入浴は3日後、食事は手術後2週間は固いものを避け、できるだけ顎の負担にならないような柔らかいものを食べるようにしましょう。

顔面骨手術は高度な技術が必要です

多くの症例数を経験している専門医を探しましょう。医師の技術次第では、左右の顎の形に違いが生じてしまったり、歪みが出るなどの深刻な状況を生む場合もあります。

また、ダウンタイムの長さも考慮し、自分のライフスタイルに無理のないよう、ある程度時間をかけて、手術のプランを立てましょう。

エラの整形の治療相場

ボトックス注射は、一本あたり6〜12万円程度。ボトックス注射の場合は1度ではなく、半年から1年ごとに注射をするというケースもありますので、あくまでも初期費用として考えましょう。

ボトックス注射と併用して用いられることがある顔への脂肪溶解注射。料金の目安は1回につき3万円〜6万円程度であることが多いようです。薬剤の種類や注入する量によっても料金は異なりますが、平均すると施術回数は2〜4回という人が多いようです。

価格に関しては通常、1ccごとの料金で示しているクリニックがほとんどですから、事前のカウンセリング時に、注入する量や回数などを確認しましょう。

エラ削りは大掛かりな外科手術になるため、100万円~120万円の高額費用になります。クリニックによっては手術前のカウンセリングで、より明確に骨を切るラインを示すためCT画像やデータを元に3D模型などを作成して確認をするなど、失敗を回避するための工夫をしています。そのようなクリニックでは相場よりも高額である傾向がありますが、下顎骨の中には下顎神経が通っており、非常に繊細で高度な技術を要する手術ですから、金額よりもまずは信頼できるクリニックを選んでいただきたいと思います。

手術に比べて、注射は料金が安く、そのうえメスを使用しないため、ダウンタイムも少なく、日常生活への影響もそれほど出ないと思われがちです。しかし注射は、定期的に施術する必要があるという場合もあります。効果にも個人差がありますから、料金も変わってくる可能性があります。

静岡市で輪郭・エラ整形が受けられるクリニック

ラ・クリニカシズオカ

引用元HP:ラ・クリニカシズオカ
http://cocokara.tv/
住所 静岡県静岡市駿河区稲川2-2-1セキスイハイムビル5F
診療時間

10:00~19:00
(休診日:水曜・第2日曜日)

公式サイトでエラの治療について詳しく
治療メニュー名 「輪郭・小顔整形手術‐エラ整形」
治療費

エラボトックス

1回 99,000円
3回 207,900円
トライアル料金 57,000円

治療の特徴·種類 エラ削りのように、口腔外科手術をしたくない人におすすめ。ラ・クリニカシズオカで受けられるエラの整形では、プチ整形としてボトックス注射があります。痛みが少なく、効果も持続しやすく、処置時間も5分と短いため、気軽に受けられます。当然、使用するボトックスは安全性の高いもののみを使用。
ダウンタイム ほとんどなし。
保証サービス
アフターケア
必要時検診
ラ・クリニカシズオカの口コミ・評判

思っていたより腫れたり痛みはなくて良かった

「施術直後はすこし、しびれたような感じがありましたが、顔が腫れたり、内出血するなど目立つようなことはなく、安心しました。」

院長先生がしてくれるのでここにしました

「カウセリングから施術まですべて、院長先生が担当してくれるのでこちらを選びました。丁寧にいろいろ答えてくれるので、信頼できる先生だと思います。

ラ・クリニカシズオカ
無料カウンセリング予約
0120-108-300

静岡中央クリニック

静岡中央クリニック引用元HP:静岡中央クリニック
http://www.chuoh-clinic-beauty.com/
住所 静岡市葵区御幸町6-11 一瀬ビル6F
診療時間

9:30~18:00※完全予約制
(休診日:不定休)

エラ治療についてHPで詳しく
治療メニュー名 「輪郭・小顔整形手術‐エラ整形」
治療費

ボトックス注入 120,000円~
エラ削り 1,000,000円~

治療の特徴·種類 エラの部分にある咬筋という筋肉は、発達すると輪郭を大きく見せてしまいます。そこにボトックスを注射すると、筋肉が小さくなり、小顔になるのです。中央クリニックでは、高濃度のエラボトックス注射を短期間に打つことで、劇的な小顔治療に成功しています。効果も半永久的に持続します。
ダウンタイム ほぼなし。当日に帰宅が可能です。
保証サービス
アフターケア
治療費用にはカウンセリング、施術、薬代、アフターケア代が含まれています。

静岡中央クリニックに問い合わせ
0120-088-741

pagetop